高校生の頃から寝取られ願望があったのでついに妻をセフレに抱かせてみました…

我ながらかなり早い目覚めだと思いますが…私は高校生の頃から寝取られ願望がありまして、「彼女ができたら、ほかの男とセックスさせてみたい…」なんて思っていたのです。もちろん、それはなかなか実現しませんでしたが…。

なんでこんな願望を持つようになったのかと言うと、多分兄が持っていたエロ漫画を読んだからだと思います。兄のいる男にとって、『兄が使っているおかず』というのは非常にありがたいものであり、自分で買わずともエロいものを見られるでしょう。

そんなわけで兄がいないときに部屋へ忍び込み、エッチな本を物色していたのですが…兄は意外と漫画好きで、そういう本を見つけたのです。そしてとくに私を興奮させたのが、『彼氏のいる子がほかの男に寝取られる漫画』でした。

普通の純愛系エロ漫画でも興奮はしますが、寝取られ系のエロ漫画を読んだときはさらに股間が堅くなり、兄が戻ってくるまでに3回くらい連続で抜きました。これ以降、私には寝取られ願望が根付いたのです。

こんな歪んだ性癖を持つ私ですが、実は結婚していました。ちなみに結婚相手は大学のときに知り合った先輩でして、やけに面倒見がいいことからしょっちゅう私に構ってきて、「気付いたら、なんか好きになっちゃって…」と言われて付き合い、結婚もしたのです。

こういうタイプだから今も尻に敷かれてまして、これまではそういう願望も隠してきました。しかし結婚して6年も経過したらやっぱり倦怠期になってしまいまして、夫婦生活を盛り上げるためにもそういうプレイを希望してみたのです…。

怒られたり別れられたりするかと思ったら、「本当にいいの?」と見つめてきて、私が頷いたら自分からセフレを探し始めました。あまりのスムーズさに気になっていたら「前々からそういうのが好きでしょ?」と言われたのです…。

そう、バレていないつもりでしたが私のそういうおかずを見たことがあるらしく、最初はドン引きしたようです。ただ、何度か見ていると「こういうことをしたら、喜んでくれるのかな…」と気になり、やがてそれは願望へと変わっていきました。

そしてついに妻をセフレに抱かせたわけですが…私の目の前で抱かれている様子はやはり淫靡で、かつて見たエロ漫画の世界が目の前に起きているような気分です。その漫画だと最終的に彼女は彼氏と別れるのですが、私と妻は別れていません。

むしろ、妻をセフレに抱かせてからはさらに魅力的に見え、今は毎日営みがあります。