昔運動していたおかげで今も現役だから若いセフレをたくさん作っています

『昔運動をしておくと年齢を重ねても元気なことが多い』というのは、なかなか有名な話です。とくに子供の頃に運動したかどうかは大人になったときに強く影響するため、運動していなかった人は後悔することも多いでしょう。

ちなみに私は今40代ですが、昔運動していたおかげで今も現役でした。父親も運動が好きな人だったので鍛えられ、学生の頃は運動系の部活にも励んでいたから、基礎体力がしっかり身についたのだと思います。

現在は目立った運動はしていませんが、通勤の際はできるだけ自転車を使うようにしているし、車での移動は滅多に行いません。そうしたこともあってか同年代に比べると体力はあるほうでして、性欲についてもまだまだ現役でした。

性欲というのは体力があってこそ湧き出てくるものですから、体力がない人ほど性欲も落ち込みやすくなっています。しかし私の性欲は若い頃とほとんど差がなく、今も時間があればセックスしたくなるので、若いセフレをたくさんキープするようにしていました。

私くらいの年齢になると、若い子からは相手にされない…そう思うかもしれませんが、セフレを探せるサイトを使えば意外と簡単に見つけられます。最近の若い子はエッチなことが大好きなのか、こちらの性欲が強ければ年齢に関係なく会ってくれるでしょう。

逆に性欲が弱ければ、年齢が若くても仲良くなれません。セフレを探している女性は「男の人ってすぐに終わるからつまらない…」と考えていることが多いから、いくら若くても性欲が弱ければお話にならないでしょう。

なので、私の場合は心配無用です。最初のうちこそ「本当にたくさんできるんですか?」と疑われることもありますが、実際にセックスした子はみんな喜んでおり、「こんなにたくさんしてくれたの、初めて!」という子もいましたね。

また、こちらとしても若い体を見ていたら興奮しますし、1回で終わるようなこともありません。最近は熟女とセックスしたがる男性も結構いると聞きましたが、やはり女性は若いほうがセクシーに見えますし、反応も敏感だから楽しめると思います。

若い男性で運動をしている人は「運動ってつらいしやめたい…」と考えることもあるかもしれませんが、それは将来役に立ってくれますので、頑張って続けてみましょう。仮にウォーキングのような軽めの運動であっても、将来に活きてくると思います。

体力と性欲が備わっていればいくつになっても楽しめるので、結婚してもセックスレスになりにくいですよ。